どうぶつからのおくりもの日々の動物たちからのプレゼントに耳を傾け、目を開き、手で触れ、心を開いて感じたことを綴ります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
冬眠から覚める 14:45
0


     春のような暖かい日が続いていましたが、今朝は、雪がちらちらと舞う、寒い朝でした。

    先日、外回りの掃除をしていた時、手のひらくらいの石を持ち上げると、小さな小さなカナヘビが、丸くなって寝ていました。色が赤茶色っぽく、2cmくらいの大きさでしたので、まだ赤ちゃんですね。生まれて、間もないのかしら。
    「わ!!ごめんなさい!!」と思わず、呟いて、石をそーっと元に戻しました。カナヘビは、土に潜って冬眠するようなので、暖かい日に一度出てきて、冷えてきて石の下に隠れたのでしょうか。

     森の動物たちも、あと少しで、冬眠から覚めるところでしょうか。冬眠から覚めた、カナヘビも、お腹は、ペタンコ。のどもカラカラだそうです。

     私たち、人間は、冬眠はしませんが、寒い冬の間は、内省し、夢を暖め、春からの活動の準備をするのに適しているといいます。季節の巡りを、意識して、生活を整えていくことができます。自然から学ばせてもらえることは、尽きませんね。

     土の包容力の中で、暖めた種を、外の世界にどう、表現しましょうか。蓄えてきた力や、学んできたことを、どんなふうに役に立てていきましょうか。焦点を絞って、太陽に向かって、伸びていきたいですね。
     
    | 自然・贈り物 | comments(0) | - | posted by reiko oda
    | 1/2 | >>