どうぶつからのおくりもの日々の動物たちからのプレゼントに耳を傾け、目を開き、手で触れ、心を開いて感じたことを綴ります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
空からのおくりもの・羽根 21:49
0
    JUGEMテーマ:Self−Healing


      私は、いろいろなものを拾って歩く趣味があります。鳥の羽根も、その一つです。写真は、手元にある羽根のごく一部で、白い羽を集めた箱や、小鳥の羽根を集めた箱などなど・・・。なにかに迷っているときや、後押しが欲しいとき、決断しなければならないとき、などに羽根を拾うことが、よくあります。その時には、自然からの贈り物として、メッセージとして、大切に受け取らせてもらいます。
     
     亡くなった友人のことを、考えながら歩いていた時、白い羽根が空から降りてきたことがあります。

     私が羽根を拾い集め始めたのは、子どもたちが、きっかけです。地面に近いせいか、石、貝殻、木の実、枝・・・いろいろなものを拾って歩くのです。カラスの羽根は、子どもたちがよく拾います。真黒で、ぴかぴかで、大きくて、きれい〜!かっこいい〜!と、大事に大事に持ち帰るのです。持っててね!と言われ、遊んでいる子どもたちを見ながら、羽根を眺めていると、確かにきれいで、かっこいい!!そして機能的。


     (駐車場で、ほんの数分、人と待ち合わせをしていた時、子どもたちが、落ちていたもので、遊び始めた。)


      北米先住部族が、羽根を頭につけているのは、勇気の証として他の人から贈られたものなのだそうです。先日、トレーニングのクラスで、大切なものを人に贈り物として差し上げるということについて、話を聞く機会がありました。日本人は、おすそわけの習慣があります。無意識に平等に分けようとしてしまうので、はっ!とさせられました。自然からいただいた神聖なものを、「みんなでど〜ぞ〜」とわけてしまうことは、私自身がその神聖さを、本当に受け取っていなかったのだ・・・ということに気付いたのです。「誰でもどうぞ〜」と贈られたものと、「この人にぴったりだから、上げたい」と感謝をこめて贈ったものとは、雲泥の差があるのですね。相手に感謝をこめて贈り物をする習慣を身につけることは、相手の最も良い部分を見ることを習慣にすることができます。
    また、逆の立場になった時、その本質を受け取る能力にもつながっていくことだと思います。




    エネルギー療法・ハンズオンヒーリングを提供しています。
    http://reikooda-hansonhealing.com

      
    | 自然・贈り物 | comments(0) | - | posted by reiko oda
    << | 2/2 |